ほほえみ基金

 

乳がん検診(マンモグラフィ検診)無料クーポン券の受診機関一覧はこちら
 
問い合わせ
日本対がん協会 03-3541-4771 クーポン担当(平日10~17 時)

ピンクリボン活動(募金箱・乳房触診モデルの貸出、ロゴマークの使用)の
各種申請書類ダウンロードはこちら
 
貸出や使用をご希望の場合は、事前のご連絡をお願いします。
日本対がん協会 03-3541-4771 寄付担当(平日10~17 時)

「ほほえみ基金」とは

乳がんをなくす「ほほえみ基金」は、公益財団法人日本対がん協会が、2003年4月にピンクリボン活動など乳がん征圧のために設けた基金です。がんで悲しむ女性を一人でも減らすため活動しております。私たちの活動は多くの企業・個人の皆様からお寄せいただきました寄付で成り立っています。ご協力・ご支援をお願い申し上げます。
 
ほほえみ基金の使途は、外部の有識者の方々にお願いしている運営委員会の意見に基づいて決めています。
乳がん検診機器の整備、患者・サバイバー、啓発団体の支援、広報活動、がん相談、検診技術者の研修、検診推進キャンペーンや研究事業への取り組みなど、乳がん征圧に向けて幅広く使っております。

ご寄付の使途について(2017年度)

【2017年度】寄付金総額:8613万円

2017年度も皆様のご支援で様々な活動ができました。ありがとうございます。
募金箱の設置、触診モデルの貸し出しによる啓発活動を支援しています。

検診の推進キャンペーン

各地で検診を行っている日本対がん協会グループ道府県団体に対する乳がん検診機器購入の助成、グループ団体や提携団体で検診を受診出来る乳がん検診(マンモグラフィ)無料クーポン券、若い女性向けに子宮頸がん検診無料クーポン券を発行しています。新聞、webでのプレゼント企画、イベント会場などで配布を行い、毎年3000人から4000人の女性がこのクーポン券で検診を受診しています。

日本対がん協会がん検診無料クーポン券受診施設一覧

啓発活動(ピンクリボン活動)

一年を通して各地のイベント会場で定期的な検診の受診と早期発見の大切さを呼びかけています。

専門家の育成

マンモグラフィ撮影技術講習会や乳房超音波技術講習会を開催し、乳房検診に従事する技師の育成に力を入れています。

乳がん患者・啓発団体への支援

ピンクリボンライトアップ

患者会も含む乳がん啓発活動団体が各地で開催するピンクリボン活動のイベントへ助成を行っています。

患者支援

乳がんの無料相談、患者対象の美容セミナー、乳がんの最新治療情報を提供するセミナーを開催しています。
特に美容セミナーでは治療の副作用で脱毛や色素沈着、爪や手の黒ずみ、頭髪の回復期のケアなど外見の悩みの解決を支援しています。

啓発活動へのご協力のお願い

募金箱の設置
 

サイズ:高さ17.9センチ、幅12センチ、奥行き9.7センチ

ほほえみ基金への寄付を指定した募金を行う専用の募金箱を貸し出しています。事前にご相談のうえ、申請書をお送りください。

日本対がん協会ピンクリボンロゴマークの使用許諾について

日本対がん協会ピンクリボンロゴマーク

自治体などの啓発活動でロゴマークを使用いただけます。事前にご相談のうえ、申請書をお送りください。

乳房触診モデルの貸し出しについて

社内啓発やイベントで使用する目的に限り、乳房触診モデルを貸し出しています。往復の送料のみご負担ください。事前にご相談のうえ、申請書をお送りください。

寄付つき商品の販売、イベントでの募金・寄付

寄付つき商品を販売される場合、チャリティイベントなどを開催して寄付を検討される場合は事前にご相談ください。

各種申請書ダウンロード

募金箱貸出申請書          申請書ダウンロード

乳房触診モデル貸出申請書      申請書ダウンロード

ロゴマーク使用申請書        申請書ダウンロード

 
連絡先
日本対がん協会 ファンドレイジング・企画グループ
03-3541-4771(平日10~17 時)
office@jcancer.jp

「ほほえみ基金」へのご寄付のお願い

銀行・郵便局から寄付
 
ほほえみ基金専用口座
 
みずほ銀行 銀座支店 普通 2418773
 
がん征圧活動全般への寄付の口座

郵便振替  00180-1-5140
三井住友銀行  丸ノ内支店  普通  0518150
みずほ銀行  銀座支店  普通  1003855
三菱UFJ 銀行  京橋支店  普通  1718240

※「ほほえみ基金」をご指定ください。