休眠預金を活用した
「がん患者支援の助成金事業」

休眠預金活用のがん患者支援事業

-あらたな仕組みづくりでがん患者の仕事と治療の両立、QOLの向上を-

石田一郎
公益財団法人 日本対がん協会 常務理事

“休眠預金等活用法“に基づき、2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金等(休眠預金等)を民間公益活動の促進のために活用する制度が2019年度から始まりました。日本対がん協会は、「休眠預金」を社会課題の解決に活用するための「資金分配団体」に選ばれました。

「がんで苦しむ人や悲しむ人をなくしたい」は日本対がん協会のミッションです。それを現場や個人がより身近なものとして前進、実感できるよう事業を広く公募しました。外部の専門家で構成する選定委員による審査の結果、応募25団体の内、見落とされがちな課題への挑戦、事業の新規性や実装性への期待、専門性、かつ医療やがん患者会・企業・行政とのネットワークなど幅広い視点で、6団体(6事業)が選ばれました。

日本対がん協会は、独自のリソースを活かし(例:がん無料相談ホットライン、がんサバイバークラブ患者会との連携、企業連携、がん検診での医療従事者とのネットワークなど)、各団体が新しい発想・新しい切り口で取り組む事業を後押し・協力し、以下の3つをテーマに、「がんになっても安心して自分らしく生きる」に一緒に貢献していきます。
【1】がん患者の就労支援(仕事とがん治療の両立支援)
【2】AYA世代(15歳から39歳)がん患者や小児がん患者、希少がん患者のQOL向上支援
【3】新しいがん相談体制(仕組み)の構築

SDGsの達成にも貢献します(本事業に係るSDGs)

SDGsの達成にも貢献します
(本事業に係るSDGs)

休眠預金活用の流れなど

休眠預金活用の流れなど

詳細は下記URLよりご確認下さい。
https://www.janpia.or.jp/kyumin/ 一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)

特集レポート

お知らせ

採択団体紹介

採択団体紹介

選定委員会について

選定委員会について

申請事業の審査・採択、採択事業のフォローにご協力いただいている、選定委員の皆さまをご紹介します。(敬称略)

(委員長)
大野真司  がん研有明病院 副院長・乳腺センター長
(委員:五十音順)
石川睦弓  静岡県立静岡がんセンター 研究所 患者家族支援研究部
小川朝生  国立がん研究センター東病院 精神腫瘍科 先端医療開発センター精神腫瘍学開発分野 科長・分野長
岸田 徹  NPO法人 がんノート 代表理事
齋藤朋子  株式会社松下産業 ヒューマンリソースセンター長/特定社会保険労務士 キャリアコンサルタント
高山智子  国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 部長