がんに
負けない
社会を
つくる

日本対がん協会の活動内容
私たちの活動は皆さまの
ご支援に支えられています

がんに負けない
社会をつくる
日本対がん協会の活動内容
私たちの活動は皆さまの
ご支援に支えられています

日本対がん協会はがん征圧を目的に、1958年に設立され、2018年本年で60周年を迎えました。 1981年以降、がんは日本人の死亡原因のトップとなり、日本人は生涯に2人に1人ががんになり、 3人に1人ががんで亡くなるもっとも身近な、深刻な国民病と言わざるをえません。日本対がん 協会は「がんに負けない社会をつくる」ため

を重点活動とし、がんで苦しむ人を一人でも減らすために一層強力に 推進してまいります。こうした活動は、皆さまのご寄付で成り立っています。

がん予防・がん検診の推進

がんの予防推進

がんの原因の中で、予防可能な最大の原因であり、がんの治療(手術、化学療法、放射線療法)のリスクも高めるのがタバコです。 肺がんにとどまらず、ほとんどのがんの原因であり、タバコをく吸わない人にも他人が吸うタバコの煙による受動喫煙による害が及びます。 また、がんだけでなく、循環器疾患や呼吸器疾患、糖尿病、歯周病などとの関係も明らかで、年間13万人が能動喫煙で、1万5000人が受動喫煙で亡くなることが推計されています。 このことから、人々の命を守るために、日本対がん協会は予防活動の中心に「禁煙推進」を据え、次世代にわたりタバコの害をなくすために、「タバコゼロ・ミッション」を先導していきます。

グローバルブリッジとの提携

日本対がん協会は国際的禁煙推進団体「グローバルブリッジ」と協定を結び、禁煙支援に携わる専門人材育成により、一人でも多くの喫煙者を禁煙に導くための事業に参画しました。 2017 年5 月にプロジェクトを国際的に公募し、助成先に選ばれた16 団体は、医師のみならず、看護師、薬剤師、歯科医師、患者会など幅広い保健医療団体です。 日本対がん協会はグローバルブリッジとともに、これらのネットワーク化と専門的助言を通じて成果を最大限に引き出していきます。 さらに、20 年の東京オリンピック・パラリンピックまでに国際水準を満たす禁煙環境の実現にも向けての政策提言や署名活動、認証制度などによる世論形成も行います。

タバコフリーキッズ

「タバコフリーキッズ」は、子どもたちが地域のたばこ問題に向き合い、課題を発掘・設定し、未来への解決策を提言する力を育てるユニークながん予防教育プロジェクトです。 国立がん研究センターの研究事業として2010年から開発を始め、17年度からは日本対がん協会が継承しました。 17年度は岡山市と新潟市で岡山、新潟両県の事業として共催し、北海道美唄市での実施にも協力しました。18年度も岡山県の複数個所で実施予定です。

受診率向上の啓発活動

乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券を発行しています。がん検診受診のきっかけづくりです。 ポスター・リーフレットを使ったがん検診受診率向上の啓発も続けます。 2018年度夏以降、AC ジャパン支援キャンペーンよる検診受診率向上を狙ったCM・交通広告を全国展開しています

新たな検診手法の情報収集・研究

2016年度に設けた検診研究部門で、がん検診の今後のあり方について、情報収集や研究を進めています。日本人のがんの罹患状況が変わりつつある中で、どのような年代を対象に、どんな方法でがん検診を実施するのが合理的なのかを引き続き考えていきます。 血液バイオマーカーを使ってすい臓がんの早期発見を目指す臨床研究を2017年度に続き関わります。血液検査によるがん検診の動向に注目し、最新情報をグループ支部に提供するとともに、グループ支部の検診基盤を生かし、臨床研究にも積極的に関わっていきます。

受診率向上の研修会

がん検診による恩恵を高めるには受診率の向上が欠かせません。 2017年度に実施したがん検診受診率拡大を考える研修会参加者の有志で設けたワーキンググループで、各グループ支部で、受診率向上の事例を分析し、取り組むべき受診向上の成功モデルを検討していきます。 厚生労働省は第3 期がん対策推進基本計画で検診受診者の精密検査の受診率を90%とするなど、適切な検査方法の実施も含めた精度管理の徹底を掲げています。 協会としても目標達成に力を入れ、グループ支部の精度管理担当者を対象としたアンケートを実施し、研修会を開きます。

がん患者・家族の支援

リレー・フォー・ライフ

がん患者やその家族を支援し、地域全体でがんと向かい合う、1年を通じて取り組むチャリティ活動を実施しています。 2017年度参加者は76,988人。全国49の開催地から5,017万円、企業・個人から1,255万円、合計6,272万円が、がん征圧の願いと共に日本対がん協会に託されました。集められた寄付金は、 プロジェクト未来、無料がん相談運営、若手医師育成のための奨学金、検診受診率向上などに役立てられています。

がん相談ホットライン

看護師や社会福祉士が、患者さんや家族、大切な人などからの相談を受けます。 がんに関する疑問や心配、不安を抱えた時に患者ご本人だけでなく、ご家族や大切な方、どなたでもご利用いただけます。 治療や副作用、退院後の生活、仕事やお金のこと、家族とのこと、再発の不安など尽きない不安や心配な気持ちに寄り添います。2014年以降、年間相談件数は、10,000件を超えております。様々な相談に応じられるよう、ホットラインの体制を整えるとともに、相談の質の維持、向上に努めています。 また、がん相談ホットラインの他にも無料の医師による相談(電話か面接)社会保険労務士が治療の過程や、体調・気持ちに合わせた「働き方」や「働くこと」についてご相談をお受けしています。

がんサバイバー・クラブ運営

一度でもがんと診断されたことがある「がんサバイバー」の「治りたい」「普通の生活がしたい」という思いや、家族や大切な人を「支えたい」という気持ちをサポートする活動です。 全国700万人のサバイバーが ”希望と共に生きる”ことのできる社会をつくることを使命としています。 WEBサイトやメルマガ、SNSを利用した情報提供する一方で、患者支援のセミナーや「がんサバイバーカフェ」「ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ」など実際に交流できるイベントを定期的に開催しています。

正しい知識の普及啓発

ピンクリボンフェスティバル

特に若い世代への注意喚起を訴えながらがん患者支援を訴えていきます。
シンポジウムでは、乳がんの正しい知識や検診の重要性、最新の治療情報を専門医が伝え、がんの経験者が自ら体験を語ります。 がんと向き合い、がんと生きる心構えについて共に考えることで、患者とそのご家族を支えます。
スマイルウォークは、参加者がピンクリボンのメッセンジャーとなって乳がん検診の受診を呼びかけます。
ピンクリボンセミナー
プレ検診世代である20代後半から30代のその世代に向けて乳がんの正しい知識を専門医とゲストの楽しいトークとともに学ぶセミナー形式のイベントです。

がん教育

日本人の2 人に1 人ががんにかかる時代です。しかし、大人も含めて正しい知識を知る機会が少ないのが現状です。日本対がん協会は子どものころからがんについての正しい知識を伝えることが大切だと考え、国の動きに先駆けて、2009年に「がん教育基金」を設けて、小中高校生へのがん教育に着手し、全国の学校でがん教育モデル授業を開いたり、がん教育の副教材を作成したりしています。

リーフレット・パンフレットの活用

がん検診に関するリーフレットと女性特有のがんに関するリーフレットを発行しています。 リーフレットはグループ支部や自治体などで啓発活動に使用されています。

がん征圧月間

毎年9 月を「がん征圧月間」と定め、1960 年から毎年「がん征圧全国大会」を開催しています。「がん征圧全国大会」の前日には、記念シンポジウムを開催し、講演やパネルディスカッションなどを行っています。また、「がん征圧ポスター」と「禁煙啓発ポスター」を5 万部ほど全国に掲示し、がん征圧を呼びかけています。「がん征圧ポスター」のデザインは高校生以上の学生を対象に公募して制作しています。

海外奨学医制度

意欲ある若手医師ががんについての高度な知識を学び、地域医療の充実をはかるために、全米有数のがん専門機関での研修を支援しています。 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターに加え、2015年からはシカゴ大学医学部も研修先に加わりました。リレー・フォー・ライフへの寄付金をもとに行われています。

保健師・看護師など専門家研修

現場に役立つ幅広い知識と研磨を積んでいただくことを目標として保健師、看護師、診療放射線技師などがん検診に携わる専門職の方々を対象に研修会を開催しています。今年も乳房調音波技術講習会、マンモグラフィ撮影技術講習会、保健師、看護師研修会、診療放射線技師研修会を実施します。