がん検診の推進

日本のがん検診の現状

がん研究が進み、がんの多くは「治癒」が期待できるようになりました。とはいえ、進行して見つかると、治療が難しい場合もまだまだ少なくありません。カギは「早期発見」なのです。そのためにはがん検診を受けることが欠かせません。
国は 5 つのがん(胃、肺、大腸、乳、子宮頸)を対象に指針をつくって検診を勧めています。受診率も徐々に上がっています。国の目標は50%ですが、まだ達していません。乳がんや子宮頸がん検診では、70 ~ 80%という欧米の受診率と比べると、日本は50%にも満たない状況です。

男女別がん検診受診率

国内最大規模を誇るがん検診組織

1960年、日本対がん協会の助成などにより製造した胃検診車で、宮城県対がん協会が東北地方を巡回して住民検診を始めたのが、わが国の集団検診の始まりです。以来、検診部位は胃から子宮、肺、乳房、大腸に広がりました。現在、日本対がん協会グループ(道府県支部)のうち42支部ががん検診を実施し、住民検診の実施機関としては日本最大の規模となっています。その他の部位のがん検診も含めた受診者の累計は2018年度までで3億9856万人以上、発見がん数は1万3240(*注)に達し、その多くを早期治療に結びつけています。
(*注:年度によっては“がん疑い”の人数も含まれています)

日本対がん協会グループのがん検診実施状況(2018年度抜粋)
日本対がん協会の道府県支部のうち、42支部でがん検診を行なっています。
部位 実施団体数 受診者数 前年度比 がん発見数 がん発見率(%)※2
胃がん※1 42 2,014,605 -81,389 2,202 0.11%
子宮頸がん 42 1,251,616 -24,347 185 0.01%
乳がん 42 1,242,950 -18,601 3,241 0.26%
肺がん 42 3,261,455 -22,350 1,520 0.05%
大腸がん 42 2,521,043 -16,489 4,185 0.17%
子宮体がん 15 23,100 -19 36 0.16%
甲状腺がん 3 2,463 -3,646 1 0.04%
前立腺がん 35 431,637 -8,982 1,745 0.40%
肝胆膵腎がん 20 317,256 -25,563 125 0.04%
合計※1 11,066,125 -201,386 13,240

※1内視鏡検査を含む

※2がん発見率とは…がん発見数÷受診者数=がん発見率

[がん検診の年間受診者]

1106万6125

[がんの発見数]

1万3240

[対がん協会発足以来の累計受診者]

3億9856万人以上

「がん検診年次報告書」の刊行

日本対がん協会は毎年、各支部の検診実施状況を「がん検診年次報告書」にまとめ、1967年から刊行しています。2019年度版の報告書には18年度のがん検診実施状況と、17年度の検診受診者を追跡調査した結果などを収録しています。その一部をご紹介します。
報告書の冊子(A4判約240ページ)を御入用の方には有料でおわけします。お問い合わせは協会本部がん検診研究グループ(電話03-3541-4771)へ。

受診者増加のための研修会

全国の支部から職員が参加し、受診者を増やす施策について考える研修会を開催。民間シンクタンクから受診率アップの成功事例について解説を受けたり、「検診を受けることはどれくらい面倒なことなのか」についてディスカッションしたりしました。定期的にがん検診を受ける人を増やすため、今後も様々な角度からの施策を考えていきます。

研修会

受診率向上の啓発活動

無料クーポン券

2018 年度夏以降、AC ジャパン支援キャンペーンよる検診受診率向上を狙ったCM・交通広告を全国展開し、検診の無料クーポン配布、ポスター・リーフレットを使った受診率向上の啓発も続けています。

グループ支部の検診実績を生かして将来の検診のあり方を考えます。

新たな検診手法の情報収集・研究

2016 年度に設けた検診研究部門で、がん検診のあり方について、情報収集や研究を進めています。日本人のがんの罹患状況が変わりつつある中で、どのような年代を対象に、どんな方法でがん検診を実施するのが合理的なのか、国立がん研究センターや大学の研究者らと共に考えていきます。血液バイオマーカーを使ってすい臓がんの早期発見を目指す臨床研究も進めています。血液検査によるがん検診の動向を把握し、グループ支部の検診基盤を生かして臨床研究にも積極的に関わっていきます。

最終更新日:2020年5月18日