休眠預金を利用した助成金事業「がん患者支援などの事業」、公募について

金融機関の口座で10年以上出し入れがない「休眠預金」を社会貢献に使うための法律が2018年に施行され、その「資金分配団体」に日本対がん協会が選ばれました。資金分配団体として、患者支援をさらに推し進めるため、①がん患者の就労支援、②AYA(思春期・若年成人)世代や小児のがん患者、希少がん患者、障害者のがん患者らの支援、③新たながん相談体制の構築・取り組みなどの事業を実行する団体の公募を要項に沿って実施します。

休眠預金を活用した「がん患者支援の助成事業」選定委員会(敬称略):

(委員長)
大野真司 がん研有明病院 副院長・乳腺センター長
 
(委員:五十音順)
石川睦弓 静岡県立静岡がんセンター 研究所 患者家族支援研究部
小川朝生 国立がん研究センター東病院 精神腫瘍科
                      先端医療開発センター精神腫瘍学開発分野 科長・分野長
岸田徹  NPO法人 がんノート 代表理事
齋藤朋子 株式会社松下産業 ヒューマンリソースセンター長
                      特定社会保険労務士 キャリアコンサルタント
高山智子 国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 部長

以上6名