がん征圧全国大会の開催

「がん征圧月間」と全国大会

昭和35年(1960)から毎年9月を「がん征圧月間」と定め、がんと、その予防についての正しい知識の徹底と早期発見・早期治療の普及に全国の組織をあげて取り組んでいます。

がん征圧ポスター

9月の「がん征圧月間」に合わせて、がん検診の受診を呼び掛けるポスターを毎年制作しています。このポスターデザインは、高校生以上の学生を対象とした「がん征圧ポスターデザインコンテスト」の最優秀賞作品です。ポスターは、全国の自治体、保健所、病院などで約5万部掲示しています。

SAMPLE

2020年 がん征圧ポスター
「悩まず行こう、がん検診。」

早稲田大学大学院先進理工学研究科2年 堤 翔英さんの作品 (2020年3月時点)
 
がん検診の受診率の低さは”誰も自らががんになるとは思っていない”ことが根本的な原因であると考え、一見がんとは関係がなく誰にでも解けそうな絵しりとりの問題から、がんへの関心へと誘導するデザインにしました。コピーの”がん検診”という文字を見ることで、真ん中の絵ががん細胞であることに気づけるようになっているところが作品の肝であるため、その他のイラストは何であるか直感的に分かるように工夫しました。

 

2019年

SOLD OUT

2018年

SOLD OUT

2017年

SOLD OUT

2016年
2016年 がん征圧月間ポスター

SOLD OUT

2015年
2015年 がん征圧月間ポスター

SOLD OUT

2014年

SOLD OUT