禁煙推進

タバコの害

喫煙は、さまざまながんの原因の中で、予防可能な最大の原因と言われています。タバコの煙には、約4,000種以上の化学物質が含まれています。そのうち有害物質の代表格と言えるのはニコチン、一酸化炭素ですが、そのほかにも有害物質は200種類以上とされています。これらの有害物質はがん、呼吸器疾患、動脈硬化、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、胃・十二指腸潰瘍などさまざまな病気を引き起こす原因となります。
たばこが引き起こすがんとしてすぐ思い浮かぶ肺がんは、2016年も男性で52,430人と部位別がん死亡数の1位、女性では21,408人で同2位。男女合計では73,838人で1位です。
また、肺以外でも口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、鼻腔・副鼻腔がん、食道がん、胃がん、肝臓がん、膵臓がん、膀胱がん、子宮頸部がん、骨髄性白血病などの危険性が高まるとの調査結果が出ています。
もう一つの大きな問題は受動喫煙の危険性です。自分がタバコを吸わなくても空気中に漂う有害なタバコ煙を吸い込むことで健康に被害を受けるリスクがあります。
また、タバコに含まれるニコチンには依存性があり、やめたくてもやめられないのは「ニコチン依存症」という病気の場合もあります。
日本対がん協会は、喫煙を減らすことががんの予防に直結すると考え、禁煙推進に取り組んでいます。

(参考サイト)

・国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」たばことがん もっと詳しく知りたい方へ

http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause_prevention/smoking/tobacco02.html

・東京都福祉保健局 健康ステーション

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/kitsuen/kinen_sapo/

タバコゼロ宣言

日本対がん協会は2003年、世界保健機関(WHO)でたばこ規制枠組条約が採択され、健康増進法が施行されたのを機に、「禁煙宣言(PDF)」を公表した。
15年たった現在、東京五輪を前に禁煙・受動喫煙防止を求める世論は盛り上がる一方、新型タバコが登場するなど、喫煙を巡る状況は大きく変化している。
喫煙はがんや様々な生活習慣病の大きな危険因子で、禁煙は最大のがん予防策であることは変わらない。
そこで日本対がん協会は2003年の禁煙宣言を、現在の状況に見合う内容に変え、「タバコゼロ宣言」として公表する。

1.喫煙者をなくす

すべての喫煙者に対して禁煙支援サービスを提供する

2.受動喫煙をなくす

すべての人々(喫煙者も非喫煙者も)を受動喫煙から守る

3.喫煙開始をなくす

すべての子どもたち・大人がタバコを吸い始めない社会をつくる 

4.タバコ産業との利害をなくす

すべての協会活動はタバコ産業からの資金提供や協力を受けない

5.新型タバコをなくす

すべてのタバコ製品は有害性と依存性の観点から規制対象とする

 

日本対がん協会は、がん征圧という創立以来の社会的使命を遂行するために、5つの「Zero(ゼロ)」を掲げ、現世代及び次世代をタバコによる害悪から守る社会を実現する。そのためにグループ支部や関係団体にも広く協力を呼びかけ、あらゆる機会を通じて情報提供、実践活動、政策提言を行い、わが国の禁煙推進をかつてない水準まで高めていく。

2018年9月13日
公益財団法人 日本対がん協会

「JCSクリーンエアー賞」を創設

JCSクリーンエアー賞」を創設「受動喫煙のない社会実現のために」
主催 日本対がん協会 日本医師会

ロンドンのヒースロー空港の売店のたばこの箱

ロンドンのヒースロー空港の売店のたばこの箱。「喫煙者はより若くして死ぬ」「喫煙はあなたと周りの人々の健康に深刻な害を及ぼす」など、日本よりはるかに厳しい警告の文字が印刷してある

たばこ規制枠組み条約

たばこ規制枠組み条約(和文)=外務省のページです
たばこ規制枠組み条約
発効記念の催しの記録集

(PDF文書です。左端にしおりが出るので、クリックして移動してください)
詳しく見る(PDF:5.1MB)
たばこ規制枠組み条約発効記念の催し

たばこ規制戦略ガイド

2005年10月に発行した「たばこ規制戦略ガイド」をPDF版で閲覧できます。同書は、米国対がん協会(ACS)と国際対がん連合(UICC)が、たばこ規制運動を進めるためのテキストとして作成したものです。大島明先生(現・大阪府立成人病センターがん予防情報センター 顧問)に日本語訳、監修していただき、日本対がん協会「健康を守る禁煙基金」の事業として刊行しました。
詳しく見る(PDF:3.6MB)
PDFファイルの表示、印刷を行うには、アドビシステムズ社の
アドビリーダー(無償)が必要です。
get Acrobat Reader
お使いのパソコンにアドビリーダーがインストールされていない場合はこちらからダウンロード出来ます。