日本対がん協会応援メッセージ

歌手、タレント、スポーツ選手など各分野で活躍される皆さまから、日本対がん協会へ応援メッセージをいただきました。

 

原口文仁さん(プロ野球選手/阪神タイガース)
1日1日を大事に気持ちを前向きに明るく過ごしていきましょう

 
 
 

早川史哉さん(プロサッカー選手/アルビレックス新潟)
「ひとりひとり自分のペースで、ゆっくり、強い気持ちをもって進んでほしい」

 
 

岸本葉子さん(エッセイスト)
「がんと診断されても頭が真っ白にならなくてすむ社会を!」

 
  

アグネス・チャンさん(日本対がん協会ほほえみ大使)
「がんが怖くない社会にしてあげてください!」

 
 

麻倉未稀さん(歌手)
「命と向かい合うことで第2の人生と向かい合うことができた」

 
 

上原彩子さん(プロゴルファー)
「ゴルフを通じてがん検診の大切さを伝えていきたい」

 
 

古村比呂さん(女優)
「みなさんとも力を合わせてがんと向き合っていく」

 
 

嶋 基宏さん(プロ野球選手/東北楽天イーグルス)
「がんで苦しむ方、悲しむ方々の少しでもお役に立てばと思っています。」

 
 

日本では生涯に2人に1人ががんになると言われています。
がんで苦しむ人や悲しむ人を一人でもなくしたい。すべての人が手を携え、がんになっても希望をもって暮らせる社会を築くため、皆さまのご支援をお願いしています。SNSでの寄付の呼びかけなども「がん征圧」への支援となります。