がんの部位別統計

2020年の部位別がん死亡数を死因順位別に見ると、トップは男性が肺がん、女性が大腸がんです。
がん罹患数は男女ともに膵臓がんが増加している一方で、男女ともに肝臓がんが減少傾向にあります。また、女性では乳がんが増加傾向にあります。


1.主な部位別がん死亡数(2020年)


主な部位別がん死亡数(2020年)男性

主な部位別がん死亡数(2020年)女性

出典:厚生労働省「2020年人口動態統計(確定数)」

2.部位別がん罹患数(2019年)

※上皮内がんを除く

厚生労働省と国立がん研究センターにより2022年5月に公表された「2019年の全国がん登録」によると、新たにがんと診断された罹患数は99万9,075人。

※上皮内がんを除く ※総数は男女および性別不詳の合計


部位別がん罹患数(2019年)男性

男性の部位別の罹患数をみると、男性は前立腺がんが9万4,748人(16.7%)と最も多く、次いで大腸がん8万7,872人(15.5%)、胃がん8万5,325人(15.1%)、肺がん8万4,325人(14.9%)、肝がん2万5,339人(4.5%)の順となりました。



※グラフ「その他」は、口腔・咽頭、喉頭、皮膚、乳房、膀胱、腎・尿路(膀胱除く)、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫の合計

部位別がん罹患数(2019年)女性

女性の部位別の罹患数は、乳がんが9万7,142人(22.5%)で最も多く、次いで大腸がん6万7,753人(15.7%)、肺がん4万2,221人(9.8%)、胃がん3万8,994人(9.0%)、子宮がん2万9,136人(6.7%)の順となりました。


※グラフ「その他」は、口腔・咽頭、喉頭、皮膚、子宮の悪性新生物<腫瘍>・部位不明 、膀胱、腎・尿路(膀胱除く)、脳・中枢神経系、多発性骨髄腫の合計


出典:厚生労働省「全国がん登録 罹患数・率 報告 2019」


3.部位別がん罹患割合(2019年)

※上皮内がんを除く

罹患数の上位5部位(男性は前立腺、大腸、胃、肺、肝、女性は乳房、大腸、肺、胃、子宮)の全がんに占める割合は、男性が66.7%、女性が63.6%となっています。


部位別がん罹患割合(2019年)男性


部位別がん罹患割合(2019年)女性

出典:厚生労働省「全国がん登録 罹患数・率 報告 2019」


*2019年全国がん登録に関しては、対がん協会報第715号にも詳細を掲載しています。

最終更新日:2022年8月3日