検診のメリット・デメリット

検診を受けたいと思っても、いざ受診しようとすると、わからないことが多いですね。
ここでは、各種がん検診のおおまかな流れや、検診のメリットやデメリットなどをご案内します。

1.がん検診のメリット・デメリット

がん検診は、早期のがんを見つけて早めに治療を行うことで、がんによる死亡率を低下させるというすばらしいメリットがあります。子宮頸がん検診のように、がんになる前の異常細胞を見つけるものもあります。一方でデメリットもあります。

こうした点について疑問があれば十分説明を受け、内容をよく理解したうえで、みなさんの健康と安心のためにがん検診を利用してください。

がん検診のメリット

メリット1「救命の効果があります」

最大のメリットは、早期発見、早期治療による救命です。

メリット2「早期のがんを発見できます」

早期であれば治せる可能性は非常に高く、治療も軽くすむことが多いので、患者さんにかかる身体的負担、経済的負担や時間は一般的に少なくてすみます。
重い自覚症状をきっかけに進行がんで見つかった場合の治療は身体にかかる負担が大きかったり、時間がかかります。
治すことが難しいこともあります。早期の段階で見つけられるように、がん検診は正しく時期から定期的に受けることをおすすめします。

メリット3「がん以外の病気も見つけることができ、治療に結びつけられます」

がん検診は、がんを見つけることが目的ですが、早期がんを見つかるばかりではなく、がんになる前段階の病変が見つかることもあります。
がんになる前段階の病変とは、具体的にはポリープや潰瘍、異型上皮などです。こうした病変が軽い場合は経過を観察して、必要に応じて治療することで、がんになることを防ぐことができます。

メリット4「安心して生活を続けられます」

がん検診を受けて「異常なし」と判定されれば、ひとまず安心してすごすことができます。
ですが、日本人の2人に1人ががんを患い、3人に1人はがんで亡くなる時代、「過信」は禁物です。定期的な検診の受診を欠かさないで下さい。

がん検診のデメリット

デメリット1「がん検診の判定・診断の結果が100%正しいというわけでありません」

がん検診技術は、目ざましく進歩しています。しかし、「異常なし」という判定は、「あなたの身体にはがんはありません」ということではありません。
少しでも検診の精度を高めようと努力・工夫をしていますが、がんの場所や種類によっては見つけずらいことがあります。また、見落とすこともあるのが現状です。

デメリット2「検査によって身体に負担がかかってしまうことがあります」

また、X線検査で使うバリウムは便秘になることがありますし、内視鏡では、出血や穿孔(せんこう)といって胃や腸に穴を開けてしまうことも、あります。放射線には被曝(ひばく)の問題があります。
がん検診にはメリットとデメリットがあります。このことをよく知ったうえで検診を受けてください。