対がん協会について

対がん協会とは何か、どういった活動をしているのか、
情報をまとめ、お知らせします。

朝日がん大賞・日本対がん協会賞



日本対がん協会賞は、対がん運動に功績のあった個人および団体に贈るもので、がん征圧全国大会で表彰しています。

創立10周年の昭和43年(1968年)から始まり、検診の指導やシステム開発、第一線の検診・診断活動、がん予防知識の普及や啓発活動などに地道な努力を重ねた方々や、団体が対象になっています。個人は毎年2人から数人、団体は1ないし複数団体が選ばれています。

朝日がん大賞は、将来性のある研究や活動等を対象に贈るもので、平成13年(2001年)度から朝日新聞社の協力を得て創設しました。日本対がん協会賞の特別賞として、副賞100万円が贈られます。
<平成28年度の受賞者>
【朝日がん大賞】
特定非営利活動法人地域がん登録全国協議会

「がん登録の基盤整備と登録データの利用促進によるがん対策への貢献」

 特定非営利活動法人地域がん登録全国協議会(田中英夫理事長)は、都道府県の任意事業として行われてきた地域がん登録事業の基盤整備などを目的に、都道府県のがん登録担当者有志によって1992年に設立され、都道府県のがん登録室間の交流・研究、研修、広報事業を通じて、がん登録事業の技術支援、人材育成などに努めてきた。学術集会や研修会などを開催し、我が国のがん登録ルールの設定や個人情報保護の具体的方策を提示し、都道府県のがん登録によるがん罹患率、死亡率、生存率等の情報の標準化と質の向上に大きく寄与した。2013年12月に成立した「がん登録等の推進に関する法律」の原案作成では協議会が積極的に関係者への説明にあたり、本法律成立において重要な役割を果たした。法制化後もがん登録データの利活用の啓発など、より有効ながん対策推進に大きく貢献している。

 今回の受賞は、我が国におけるがん登録の基盤を整備し、がん登録によるがん対策の新時代を切り開いた功績を讃えるものである。

【日本対がん協会賞・個人】

木村 昭二郎(きむら・しょうじろう) 74歳

広島県地域保健医療推進機構参与

1997年に結核予防会広島県支部(現・広島県地域保健医療推進機構)の肺がん専門員会・読影員会委員に就任し、地域住民、職域における肺がん読影に従事し、撮影・読影の指導・助言に尽力。2007年からは、広島県地域保健医療推進機構の胃がん・大腸がん・乳がんの専門委員会、マンモグラフィ読影員会委員として、撮影技術や読影精度の向上に関する指導を主導するなど、長年にわたり、各種がん検診の精度管理向上に大きく貢献した。


黒木 尚之(くろき・なおゆき) 68歳

黒木医院長

 1990年から2002年にかけて、岐阜県が実施する検診車による子宮頸がん集団検診の検診医師として岐阜県下呂市の子宮がん対策に尽力。黒木医院院長となった2005年からは、下呂市内では下呂温泉病院以外に受診可能な唯一の診療所の産婦人科医として、個別検診を推進。超音波検診を併用し、子宮がん及びその他の疾患の早期発見・早期治療に取り組むなど、中山間地域での子宮がん対策に大きく貢献した。


西田 道弘(にしだ・みちひろ) 81歳

兵庫県健康財団保健検診センター顧問

 長年にわたり、兵庫県立がんセンターや兵庫県立塚口病院などでがんの研究、予防、治療に携わるかたわら、1971年に胃がん検診の充実と精度向上を目的に組織された「兵庫県胃集団検診連絡協議会」の設立に尽力し、兵庫県内の検診機関の取りまとめと精度向上に大きな役割を果たした。兵庫県成人病検診管理指導協議会胃がん部会委員として検診機関の指導や読影医の養成にも尽力、胃がん検診の精度向上に大きく貢献した。


関口 利和(せきぐち・としかず) 81歳

関口医院長

 1963年から群馬県の胃集団検診のメンバーとして活躍し、現在も群馬県健康づくり財団で、胃がん検診専門委員会委員長として同財団の胃がん検診を指導している。前橋医師会に胃がんの個別検診を導入し、発展させたほか、胃がん検診受診率が低下していた太田市で1999年に胃がんの個別検診の実施を太田市医師会に依頼し、全国的にも早くから胃内視鏡検診を導入し、その後の太田市の受診率、胃がん発見率の上昇にも寄与した。


土亀 直俊(つちがめ・ただとし) 69歳

熊本県総合保健センター所長

 熊本大学病院放射線科で、放射線科学の研究に従事し、研究はもとより指導者として多くの医学生や技師を世に送り出し、県内の胃がんの集団検診や精密検査の精度向上に取り組んできた。2004年に熊本県総合保健センター所長に就任後は、「組織・細胞診判定委員会」「肺がん読影委員会」「マンモグラフィ読影委員会」を設置し、がん検診事業の精度管理の徹底やがん征圧の普及啓発にも大きく貢献した。

【日本対がん協会賞・団体】

NPO法人埼玉乳がん臨床研究グループ(黒住昌史=くろずみ・まさふみ=理事長)

 埼玉県から乳がんで苦しむ人をなくそうと、埼玉県内の乳がん専門の医師の有志がグループを作り、一般向けの乳がんに関するフォーラムや無料相談会など、乳がんの啓発活動や、多施設臨床研究などの活動を1999年から続けている。2006年にはNPO法人となり、
乳がん市民フォーラムや乳がん無料相談に加え、講演DVDの無料貸し出し、最新の乳がん情報の小冊子の発刊(無料)などを通して、乳がんの啓発に貢献した。

 

<朝日がん大賞 過去の受賞者>
<日本対がん協会賞 過去の受賞者>

 

【選考委員会】(2016年度)
委 員 長 垣添 忠生・日本対がん協会会長
副委員長 武藤徹一郎・がん研有明病院メディカルディレクター・名誉院長
委  員
 
 
 
 
横倉義武・日本医師会長
大内憲明・東北大学大学院医学系研究科教授
津金昌一郎・国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長
桑山朗人・朝日新聞社科学医療部長
秋山耿太郎・日本対がん協会理事長