寄付・寄贈について

日本対がん協会は、皆様から寄付をいただき
全国でがん征圧運動を展開しています。

相続財産からの寄付

故人のお気持ちを、助けを必要とする人々へ
~がん征圧、がん患者支援のために~

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

相続された財産を寄付することによって、故人のお気持ちを、がん征圧・がん患者支援のために遺すことができます。相続税の申告期限内に、弊会にご寄付いただいた相続財産(現金)には、相続税が課税されません。

寄付からの相続税の申告まで
ご逝去
相続の開始
ご遺族より相続遺産を日本対がん協会へ寄付
日本対がん協会(電話03-3541-4771)にお電話ください。
詳しい手続きをご案内します。
領収書の送付
ご寄付いただいた後に、領収書と感謝状をお送りします。
領収書と感謝状の宛名については事前にご指示ください。
故人名義の感謝状とすることも可能です。
相続税の申告
相続開始から10カ月以内に、日本対がん協会からの領収書を添付して、相続税の申告手続きをしてください。ご寄付いただいた財産は非課税になります。不動産など現金以外の寄付は、原則として遺言執行者となられる方に現金化をお願いしています。