国のがん対策事業

がん対策基本法やがん対策推進計画にもとづく
がん治療研究の均てん化事業、患者・家族の支援事業を進めます。

一般向け発表会「がんサバイバーシップシンポジウム2015 がんと就労~新たな支援展開と体験談から学ぶ~」の内容を公開

 厚生労働科学研究がん対策推進総合研究事業の一般向け発表会「がんサバイバーシップシンポジウム2015 がんと就労~新たな支援展開と体験談から学ぶ~」が、平成27年12月19日、UDXギャラリーネクストホールNEXT-1(東京都千代田区)で開催されました。
 同事業で平成26年度に課題が採択された研究班「働くがん患者の職場復帰支援に関する研究-病院における離職予防プログラム開発評価と企業文化づくりの両面から」の研究代表者である高橋都・国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援研究部長が開催したもので、日本対がん協会が共催しました。
 発表会の様子(一部割愛)を動画で公開いたします。

1.がんと就労2015-政策の展開と研究の動向 高橋 都(国立がん研究センター)

2.がん体験者の離職実態・情報ニーズ調査 土屋 雅子(国立がん研究センター)

3.医療機関と職場の連携① 治療医のアクション 古屋 佑子(国立がん研究センター)

4.医療機関と職場の連携② 患者向けヒント集の作成 平岡 晃(国立がん研究センター)

5.小児がん経験者への就労支援-NPOハートリンクワーキングプロジェクトの活動紹介 林 三枝(NPOハートリンク 理事)

病気と共に仕事をすること わたしの就労体験 山田裕一

がんと就労体験談「がんを越えて働く」 村本高史

がんでオストメイト・・・転職 椋田千絵

7.総合討論 司会 柴田喜幸(産業医科大学)