国のがん対策事業

がん対策基本法やがん対策推進計画にもとづく
がん治療研究の均てん化事業、患者・家族の支援事業を進めます。

2007年度

2007.04.02 がん戦略研究課題1 研究参加の乳がん検診実施施設の公募を開始

【研究課題1】乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
研究介入地域と地域研究責任者の公募要項応募用紙は別紙の通り。
2007.04.02 がん戦略研究課題2 研究介入地域と地域研究責任者の公募を開始

【研究課題2】緩和ケアプログラムによる地域介入研究
研究介入地域と地域研究責任者の公募要項応募用紙は別紙の通り。
2007.04.10 がん戦略研究課題1 研究参加の乳がん検診実施施設の公募を開始

【研究課題1】乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
臨床試験実施支援組織の公募要項応募用紙は別紙の通り。

 

2007.05.23 課題1「乳がん検診」の研究参加団体決まる

がん対策のための戦略研究課題1「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」(研究リーダー 大内憲明・東北大学大学院教授)について、日本対がん協会のがん戦略研究推進室は4月、研究参加団体として研究に協力する乳がん検診実施施設を公募していたが、同研究運営小委員会の審議の結果、以下の団体の採択が決まった。

  • 宮城県医師会健康センター
  • 筑波総合健診センター
  • 茨城県メディカルセンター
  • 茨城県総合健診協会
  • 宮城県対がん協会
  • 岡山県健康づくり財団
  • 山形県結核成人病予防協会
  • 川越市総合保健センター
  • 神奈川県厚生農業協同組合連合会保健福祉センター
2007.07.23 課題1 「乳がん検診」の臨床試験実施支援組織決まる

がん対策のための戦略研究課題1「乳がん検診における超音波検診の有効性を検証するための比較試験」(研究リーダー 大内憲明・東北大学大学院教授)について、日本対がん協会のがん対策のための戦略研究推進室は4月、臨床試験実施支援組織を公募していたが、同研究運営小委員会の審議の結果、以下の組織の採択が決まった。

NPO法人 日本臨床研究支援ユニット

2007.02.23 課題2 研究介入地域と地域研究責任者決まる

がん対策のための戦略研究課題2「緩和ケアプログラムによる地域介入研究」(研究リーダー 江口研二・東海大学内科学系教授)について、日本対がん協会のがん対策のための戦略研究推進室は4月、研究介入地域と、地域研究責任者を公募していたが、同研究運営小委員会の審議の結果、以下の地域が採択された。()内は地域研究責任者。

  • 山形県鶴岡市(鶴岡市立荘内病院長)
  • 千葉県柏市(国立がんセンター東病院病院長)
  • 静岡県浜松市(聖隷三方原病院長)
  • 長崎県長崎市(長崎市医師会会長)
2007.09.21 課題1 乳がん検診実施施設第2期募集

〔2007.9.21〕課題1 研究に参加する乳がん検診実施施設の第2期募集をします

【研究課題1】
「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」(J−START=ジェイ・スタート=Japan Strategic Anti-cancer Randomized Trial on Breast Cancer)について、研究に参加する団体の第2期募集をします。 公募要項応募申請書研究実施計画書 は別紙の通り。

2007.11.16 課題1「乳がん検診」の研究参加団体第2期公募で17団体を採択

がん対策のための戦略研究課題1「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験」(研究リーダー 大内憲明・東北大学大学院教授)について、日本対がん協会のがん戦略研究推進室はこのほど、研究参加団体として研究に協力する乳がん検診実施施設の第2期公募を実施したが、同研究運営小委員会の審議の結果、以下の団体の採択が決まった。

  • 北海道対がん協会札幌がん検診センター
  • 札幌社会保険総合病院
  • 岩手県対ガン協会
  • 岩手県予防医学協会
  • 石巻市医師会臨床検査センター検診部
  • 福井県済生会病院健診センター
  • 栃木県保健衛生事業団
  • 群馬県健康づくり財団
  • 埼玉県健康づくり事業団
  • 長野県健康づくり事業団
  • 倉敷中央病院 総合保健管理センター
  • 総合病院水島協同病院
  • 倉敷成人病健診センター
  • 広島県健康福祉センター
  • 医療法人財団 博愛会
  • 久留米医師会
  • 熊本県総合保健センター 総合保健センター