がん・検診について

患者の方、ご家族の方、まずはがんについて
知りたいという方や、治癒者の方々のために情報をまとめました。

肺がん検診について

肺がんは、日本人のがんによる死亡数のトップになっています。
しかし、無症状のうちに検診を受診し、早期のうちに治療すれば
約8割が治るようになりました。

1.肺がん検診の基本情報
肺がん検診の対象者 受診間隔
40歳以上 年に1回
主な検診内容
問診、肺X線検査、喀痰細胞診
喀痰細胞診の対象者は、50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が400ないし600以上の人、もしくは40歳以上で6ヶ月以内に血痰のあった人。
肺がん検診を受けられる場所と問合せ先
地方自治体(都道府県、市町村、特別区)
保健所(ホームページ、電話)
(対がん協会の支部でも検診を行っているところがあります)
肺がん検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1ヶ月ほどで主に文書で通知されます。
2.肺がん検診の具体的な流れ
肺がん検診(一次検診)
肺がん検診(一次検診)
「異常なし」 ひとまず安心

今後も定期的に
検診を受けましょう
「異常あり」 がんの可能性があるかもしれません

精密検査(二次検診)
を受けて下さい

精密検査(二次検査) 本当にがんかどうか確かめます

「異常なし」 「良性の病変」

次回の検診までは
ひとまず安心です
がんと診断(確定診断)

医療機関で治療へ

肺がんの一次検診では、国の指針によりますと、「肺X線検査」、喀痰細胞診です。喀痰細胞診は50歳以上で喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が400ないし600以上、もしくは40歳以上で6ヵ月以内に血痰のあったハイリスクの人が対象です。

「肺X線検査」とハイリスクな人に対する「肺X線検査と喀痰細胞診の併用」は「有効性評価に基づく肺がん検診ガイドライン」(2006年)で、「対象とする集団の肺がんによる死亡率を減少させる」という肺がん検診の目的に合致すると科学的に証明され、「実施することをすすめる」と判定されています。

「低線量CT」も用いられていますが、死亡率減少効果の有無を判断する証拠が不十分と判定されています。

一般的な肺がん検診の内容

問診:現在の病状、既往歴、家族歴、過去の検診の受診状況等
肺X線検査、及びハイリスクな人に対する肺X線検査と喀痰細胞診の併用