がん・検診について

患者の方、ご家族の方、まずはがんについて
知りたいという方や、治癒者の方々のために情報をまとめました。

乳がんの検診について

無症状のうちに乳がん検診を受診した人では、
乳がんが早期に発見される可能性が高く、
その段階で適切な治療をすれば、良好な経過が期待できます。

1.乳がん検診の基本情報
乳がん検診の対象者 受診間隔
40歳以上 2年に1回
主な検診内容
問診、乳房X線検査(マンモグラフィ)
乳がん検診を受けられる場所と問い合わせ先
地方自治体(都道府県、市町村、特別区)
保健所(ホームページ、電話)
(対がん協会の支部でも検診を行っているところが多くあります)
乳がん検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1カ月ほどで主に文書で通知されます。
2.乳がん検診の具体的な流れ
乳がん検診の流れ
乳がん検診(一次検診)
「異常なし」 ひとまず安心

今後も定期的に
検診を受けましょう
「異常あり」 乳がんの可能性があるかもしれません

精密検査(二次検診)
を受けて下さい

精密検査(二次検査) 本当に乳がんかどうか確かめます

「異常なし」 「良性の病変」

 今後も定期的な
検診を欠かさずに
乳がんと診断(確定診断)

医療機関で治療へ

 乳がん検診(一次)は、国の指針によりますと、対象は40歳以上で、問診、乳房X線検査(マンモグラフィ)が基本になっています。

 視触診は推奨はされていませんが、実施する場合はマンモグラフィ検査と併用します。

 乳がん検診はマンモグラフィ検査が国際基準ですが、乳腺の密度が高い40代の検診精度が低くなるという課題があり、近年、マンモグラフィ検査に「超音波検査」を組み合わせたり、単独で用いたりする方法を採用しているところもあります。約7万6千人の40代の女性を、マンモグラフィ検査を受けたグループと、マンモグラフィ検査に超音波検査を加えたグループに無作為に分けて比較する大規模な臨床研究の結果、がんの発見率が、超音波検査を加えたグループの方が1.5倍高かったという報告があります。しかし、死亡率を減少させる効果はまだ認められてなく、その検証のために引き続き調査が必要とされています。

ポイント:一般的な大腸がん検診の内容
問診:現在の病状、既往歴、家族歴、過去の検診の受診状況等
国の指針では、問診、乳房X線(マンモグラフィ)が検診項目になっています。
 視触診は推奨されていませんが、実施する場合はマンモグラフィと併用します。

ほかに超音波の単独検査やそれらを組み合わせた方法で行われています。

 
※妊娠中や妊娠の可能性のある人、授乳中の人などは受診できない検査があります。
ポイント:一般的な肺がん検診の内容