がん相談ホットライン あなたの気持ちに寄り添い、一緒に考えます。 03-3541-7830 毎日(祝日・年末年始を除く) 午前10時〜午後6時

一人で悩まず、気軽にご相談ください。

がんに関する疑問や心配、不安を抱えた時に患者ご本人はもちろん、
ご家族や大切な方、どなたでもご利用いただけます。
治療や副作用、退院後の生活、仕事やお金のこと、家族とのこと、
再発の不安など尽きない不安や心配な気持ちに寄り添います

看護師、社会福祉士など国家資格をもつ
経験豊かな相談員が相談を受けています。

ホットラインのようす

がん相談ホットラインの理念

がん相談ホットラインは、相談者の言葉に耳を傾け、相談者が次の一歩を踏み出せるような支援を目指します

  • 困っていることは何かを一緒に考えます。
  • 思いや考え、価値観などその人らしさを尊重します。
  • 相談者にとって必要で信頼できる情報を提供します。
  • 問題解決のための行動を具体的に提示します。

ご利用案内

がん相談ホットライン(無料)

03-3541-7830

毎日(祝日・年末年始を除く)
午前10時〜午後6時

  • 予約は不要です。
  • 相談時間は原則20分です。
  • 相談は匿名で構いません。
  • 相談内容の秘密は厳守します。
  • ご相談は無料です。ただし、電話代は相談者の負担になります。
  • 相談内容については、日本対がん協会が個人を特定しない統計情報として使用する場合があります。

データで見る、がん相談ホットライン

相談者の続柄・相談内容

どんな相談が多いですか? 誰が相談していますか?

その他の相談

専門医による無料相談(電話・面接)

03-3541-7835

月曜~金曜、 午前10時〜午後5時
事前予約制

※診察はいたしません。
※ご相談頂いた方の個人情報は厳重に取り扱っており、秘密は厳守いたします。

社会保険労務士による就労相談(電話相談)

03-3541-7835

月曜~金曜、 午前10時〜午後5時
事前予約制

日本対がん協会ロゴ

日本対がん協会とは

日本対がん協会は1958年8月、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって、「がん撲滅」を目指そうという趣旨で設立されました。設立当時、がんによる死者は今の4分の1の年間88,000人ほどでした。国立がんセンターができる4年前で、国が本格的にがん対策に乗り出す「夜明け前」の時代でした。残念ながら、その後、がんによる死者は増え続け、1981年にわが国の死因第1位となり、現在も死因のトップとなっています。2013年のがん死者は36万4721人に達し、3人に1人ががんで死ぬ時代に入っています。
日本対がん協会は、がんを早期発見、早期治療するため、2012年までの累計では、全国の日本対がん協会グループの検診団体で延べ3億3000万人の方にがん検診を実施し、早期発見・早期治療によるがん死の防止に努めています。幅広い「がん征圧」活動は、さまざまな企業、団体、個人からの寄付に支えられています。