オンライン診療に切り替えても大丈夫ながん診療
がん患者がコロナ感染した場合は?
~がん研有明病院病院長 佐野先生に聞く~

(インタビュー日時:2021年1月25日)

佐野武先生

【質問1】

 オンライン診療が、1回目の緊急事態宣言の後に広がっています。コロナ感染防止に役立ちますが、がんの診察では、オンライン診療に切り替えても大丈夫なものは、どのようなものでしょうか。

【佐野先生のお答え】

 がんの診療・治療にはフェーズがあります。例えば、がんの広がり具合を調べるために精密検査を繰り返しているフェーズ、実際に治療が始まって抗がん剤や手術をしているフェーズ、それがいったん終わって再発がないかフォローアップしているフェーズ。それぞれのフェーズに合わせて、オンライン診療が可能かどうかを検討しなくてはなりません。
 きちんとした診断をつけようとしているフェーズ、あるいはアクティブな治療をしているフェーズでは、オンライン診療は非常に難しいです。ただ、それが終わった後のフォローアップの段階とか、副作用の少ない抗がん剤を取りながら経過を見ている状況では、オンライン診療がとって代わる可能性はあります。
 アクティブな治療中でも、今はまだ研究段階ですが、スマホの特別なアプリを通じて、抗がん剤治療中の患者さんの副作用や不安に思うことを、継続的にモニターするという新しい形のオンライン診療も今後、どんどん取り入れられてくると思います。そういうことが進むと、コロナ禍が終わったとしても、がん診療が少しずつ変わっていくのではないかと思います。
 セカンドオピニオンに関しては、オンライン診療が既に始まっています。セカンドオピニオンに必要な資料は前もって届く時代ですし、資料をお互いに見ながら話すことができます。医師とすれば、目の前にいくらきれいな画像があったとしても、患者さんに触れることができないと、なかなか正確な診断は難しいですが、これまでの治療のデータを見ながら、治療方針についてのセカンドオピニオンは十分できると思います。
 遠方のご家族が皆さん、お話を聞きたいという時に、1カ所の病院に集まらなくても、オンラインを通じて意見を交換しながらのセカンドオピニオンもできます。
 病院としては、オンラインとなると、決められた時間にきっちりスタートして終わらなくてはならないので、それなりの準備、人の手配、手間が必要ですけれども、今後は必ず広がっていくと思っています。

【質問2】

 もし、がん患者が新型コロナに感染した場合、まず、どのような対応をすべきでしょうか。

【佐野先生のお答え】

 がんの診療がどの段階にあるかによりますが、コロナに感染して、発熱した、せきがでているという状況では、がんの治療はどうしてもストップします。
 しかし、コロナは多くの場合は、きちんと治療することで治ります。今、特効薬はなかなかないにしても、ステロイド剤やレムデシビルなどの抗ウイルス剤を上手に使うことで、重症化を避けることができるので、ある一定期間、がん治療をお休みして、まずコロナをよくして、それから手術に入る、あるいは抗がん剤を再開するということは、実際に私たちの病院でも行っています。ですから病態に応じて、うまくコロナと付き合っていくことになります。それは私たち医療者側に、コロナの治療に関しての経験、知識が十分にできていますので、あわてなくても大丈夫です。
 がん患者さんがコロナにかかった場合、コロナが重症化しやすい、あるいはがんが一挙に悪くなってしまうのではないか、いろんな心配がありますが、こういうことについても、どういうものが危ない、どういうものが大丈夫、というのが分かってきたので、むやみに心配しない、ということが大事です。
 例えば、私たちの病院に初診で来られて検査をして、「では来週、手術をしましょう」と準備が整った段階の患者さんが、コロナに罹患する場合があります。そういう場合にどうするかは、私たちもあわてず感染対策のチームと相談して、コロナがどういう状態であるか、その人のがんがどういう状態であるか、これらをきちんと確認しながら、ここはこの治療を優先させましょう、何日以内にこれを始めましょう、ということを相談しながらやっています。あわてずに対処しています。ぜひ病院を信用して頂きたいと思います。

【佐野先生からコロナ感染防止のお願い】

 院内感染があちこちで出ています。そのために病棟を閉鎖したり、外来診療を止めたりすることが起こっています。なぜ院内感染が起こるかと言うと、この病気が無症状のうちに、熱が出る前に人に移すということがあるからです。初めからコロナ陽性と診断されている患者さんをみるコロナ専用病棟では、院内感染は起こっていません。ですから皆さん、常にソーシャルディスタンス、マスク着用、手指衛生を心掛けてください。そうすることで、たとえ皆さんや周りの人が発症したとしても、人に移すリスクは最小限にすることができます。病院の中に偶然持ち込まれるリスクを最小限にすることができます。医療者はもちろんマスクをしていますが、患者さんやご家族の方も、病院の中では必ずマスクをしてください。入院患者さんにもお願いしているぐらいなので、ぜひご理解、ご協力をお願いします。

以上