対がん協会について

対がん協会とは何か、どういった活動をしているのか、
情報をまとめ、お知らせします。

朝日がん大賞・日本対がん協会大賞



日本対がん協会賞は、対がん運動に功績のあった個人および団体に贈るもので、がん征圧全国大会で表彰しています。

創立10周年の昭和43年(1968年)から始まり、検診の指導やシステム開発、第一線の検診・診断活動、がん予防知識の普及や啓発活動などに地道な努力を重ねた方々や、団体が対象になっています。個人は毎年2人から数人、団体は1ないし複数団体が選ばれています。

朝日がん大賞は、将来性のある研究や活動等を対象に贈るもので、平成13年(2001年)度から朝日新聞社の協力を得て創設しました。日本対がん協会賞の特別賞として、副賞100万円が贈られます。
<平成24年度の受賞者>
【朝日がん大賞】
静岡県立静岡がんセンター

「がんよろず相談(相談支援センター)」

 静岡県立静岡がんセンター(山口建・総長)は、2002年の開院以来、病院・研究所・疾病管理センターが一体となり、がん患者や家族が抱える悩みや負担を和らげるための患者・家族支援に取り組んできた。とくに疾病管理センターのもとにある「がんよろず相談(相談支援センター)」は、がん患者や家族はもとより、一般県民や医療従事者などと対面・電話による相談に対応することなどで、21世紀の理想のがん相談を追求し、全国のがん診療連携拠点病院に設置された相談支援センターのモデルともなっている。

 今回の朝日がん大賞は全国に先駆けた、がんよろず相談(相談支援センター)の10年の活動を評価するものである。

【日本対がん協会賞・個人】

元宮城県対がん協会検診センター所長

菅原 伸之(すがわら のぶゆき) 72歳

 検診受診者一括管理の電算システムを導入し、継続受診や比較読影など精度管理に貢献、また県のコホート事業などに積極的に協力した。

医療法人蔵原放射線科院長、愛媛県総合保健協会胃がん検診精度管理委員会委員長

蔵原 一郎(くらはら いちろう)83歳
 愛媛県のがん検診車導入を牽引するなど県の検診事業の先駆者で、放射線技師や読影医師の指導と教育に尽力した。

千葉県がんセンター名誉センター長、千葉ヘルス財団理事長

崎山 樹(さきやま しげる)72歳

 ひと発がん遺伝子に関する先駆的基礎研究と県内のがん予防啓発・普及活動に貢献した。

いわてピンクリボンの会会長

仁昌寺 幸子(にしょうじ さちこ)62歳

 「岩手町方式」と呼ばれるきめ細かい検診体制を構築し、がん検診受診率の向上・維持に貢献した。また、厚労省や岩手県のがん対策推進協議会委員としてがん対策に寄与した。

医師、前山形県結核成人病予防協会細胞診センター所長

早川 澄夫(はやかわ すみお)80歳

 子宮がん検診普及につとめるとともに細胞診断の技術、検査精度の向上のほか、検診の検査表から結果通知、統計など集団検診のシステム化に尽力した。

くにとみ外科胃腸科医院院長、岡山県生活習慣病検診等管理協議会乳がん部会委員

岡﨑 邦泰(おかざき くにやす)78歳

 県医師会理事や県検診管理指導協議会乳癌部会長などを歴任し、乳がん発見率の向上のための検診医師講習会の実施や、勤務医・開業医が一体となって検診に取り組む岡山方式の中心的推進役を務めた。
【日本対がん協会賞・団体】

しゃくなげ会(会長・小澤道子)

 子宮がん克服者の会として1974年に結成され、検診の重要性を県内に発信するなど、県内のがん克服者の中心的存在として活動を続ける。

あけぼの会(会長・ワット隆子)

 1978年創設以来、乳がんの早期発見・早期治療の啓発と、患者支援の2つを中心に活動。母の日には全国一斉街頭キャンペーンを28回開催するほか、電話相談や乳がん相談会などを実施している。

香川県宇多津町(町長・谷川俊博)

 検診希望調査や個別郵送方式に加え、未受診者への再通知や電話による受診奨励、とくに子宮頸がん、乳がん検診において若い世代への受診率を伸長させ、平成16年度、県内17市町村中17位だった受診率を平成22年度は1位とした。

 

 

【選考委員会】
委 員 長 垣添 忠生・日本対がん協会会長
副委員長 武藤徹一郎・がん研究会上席常務理事・メディカルディレクター
委  員
 
 
 
 
上田 俊英・朝日新聞東京本社科学医療部長
大内 憲明・東北大学大学院医学系研究科長・医学部長
佐々木常雄・都立駒込病院名誉院長
横倉 義武・日本医師会長
箱島 信一・日本対がん協会理事長