国のがん対策事業

がん対策基本法やがん対策推進計画にもとづく
がん治療研究の均てん化事業、患者・家族の支援事業を進めます。

第3次対がん10か年総合戦略事業の一環です

がん臨床研究推進事業

※「がん臨床研究推進事業」は2013年度を以て終了しました
平成25年度がん臨床研究成果発表会の発表内容抄録を掲載

 平成26年2月4日、5日の両日、公益財団法人日本対がん協会の主催で「平成25年度がん臨床研究成果発表会(研究者向け)」が国際研究交流会館国際会議場(国立がん研究センター内)で開かれました。平成23~25年度に研究課題が採択された52人の研究代表者(一部代理を含む)が、本年度の研究成果を発表しました。

 研究成果の発表内容の抄録を掲載いたしました。

平成25年度がん臨床研究成果発表会 抄録集

【研究課題一覧】

 

研究代表者名や論文内容から検索できます

厚生労働科学研究(がん臨床研究)推進事業について

厚生労働省が所管する「厚生労働科学研究(がん臨床研究)推進事業」の中には(1)研究成果等普及啓発 (2)がん医療水準均てん化推進 の2つの事業があります。

(1)研究成果等普及啓発の目的は、厚生労働科学研究に課題が採択されたがん医療に携わる研究者が、国の補助金で行った研究成果を、医学的専門知識がない一般の人たちに分かりやすく伝え、この分野への関心を深めてもらうことです。

(2)は、課題が採択されたがん医療に携わる研究者が、同じ分野の研究者や医療従事者向けに開く研修会や、日本対がん協会が年1回開催する「がん臨床研究成果発表会(研究者向け)」などを通して研究成果を広め、がん医療水準の地域間格差をなくしていくこと(均てん化)を目指しています。